FC2ブログ

ベストドレッサー2008 受賞者インタビュー

先日行われた 第37回ベストドレッサー賞の、受賞者インタビューが日経トレンディネットの掲載されました (ハツユさん、情報ありがとうございました)

 ”気合 “の入った芝居は、いつも ”本気 “モード


200812061.jpg


掲載されている写真がとても柔らかくていい表情してますね
252の撮影が終わってROOKIESの撮影に入る間でしょうか
とてもナチュラルで素の市原隼人に戻っているのかしら

公私共に充実しているのでしょう
俳優としての自信と手ごたえも感じ始めているのかもしれません

それと同時にブログに書かれていたように俳優としての孤独も感じ始めている
それはプロとしての自覚があってこそ感じるものなのかもしれない

どんなに仲のいい人同士でも、お互いに演技者としての高みを目指すならば相手を厳しい目で見なければならない
特に市原隼人と言う人は十代のうちから主演として共演者を引っ張り、作品を作り上げていかなければならない場を与えられ続けてきた、
そんな自分のおかれた立場を振り返えって、孤独という言葉が出たのかもしれない

でもそんな孤独を感じつつも芝居の楽しさもどんどん大きくなっていくのかな


市原クンがいつも言う

『”周りが自分をつくり、自分が周りをつくる“それが芝居の面白さだと』


市原隼人クン、もっともっといい役者さんになると思う、人間としてもとても魅力のある人です








ランキング応援宜しくです~♪

スポンサーサイト



 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】