スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前売り販売数1位の劇場が決定!市原隼人くんが安城に!!!

市原隼人くんの主演で映画化した映画『猿ロック THE MOVIE』の前売り券販売実績1位の劇場に、市原くん本人が出向き、舞台あいさつをするという企画が実施され23日に、結果が発表されました。



きっと初ですよね! 中部地区での舞台挨拶は
ぜひたくさんの方に見ていただきたいです、生イッチ(笑)



『シネマトゥデイ記事より』

1位に輝いた劇場は、愛知県の安城コロナシネマワールド

通常舞台あいさつは、5大都市や撮影場所となった地域以外では、出演者が舞台あいさつに来るというのは珍しく、今最も人気のある俳優・市原隼人にわが劇場に来てほしいと、この企画には上映館約230館のうち約170館が名乗りをあげた。
このたびの決定は愛知県安城市ということで、大変貴重な登壇となる。

 この決定を受けて市原は当日安城コロナシネマワールド来場予定の観客に、

「楽しんでいただけたらうれしいです。舞台あいさつの日を楽しみにしています。これからもよろしくお願いいたします」 とコメントを寄せた。


市原は3月7日に愛知県の安城コロナシネマワールドで舞台あいさつを行う。











いつもランキングポチッ!
ありがとうございます
スポンサーサイト

JUNON 久々に市原隼人クン登場

久々にJUNON購入しました。
もう何ヶ月ぶりでしょうか?

市原くんが登場しなければもう買うことはないでしょうね。
4月号も甘メン特集で、とても苦手です。
ほとんどパラパラめくって・・・



キャ━━━(*´∀`*)━━━ !!!!! イッチー

この優しい眼差しに引き寄せられて、やっぱり買ってしまいました。
これは、カブくんじゃなくて、サルくんの顔ですね。

星の王子さまで涙する市原隼人

たった3ページですが、この3カットで私はまたまた骨抜き状態です。

20100223img006.jpg 20100223img009.jpg 20100223img012.jpg









いつもランキングポチッ!
ありがとうございます

「キュート」と「男らしさ」が両立した作品

一本気な熱い男,市原隼人。
本作はそんな彼によく似合う、男らしい映画なのだろうと思っていた。
しかし観たあとに胸に残るのは、男らしさと同時に、なんとも言えない可愛らしさ。
子供のようにてらいなく笑い泣く彼に、爽快感とともに暖かな微笑がこみ上げる。


初対面だというのに、彼の瞳にあったのは迷いのない信頼と期待の輝き。
その素直さに思わずたじろぎ、そして魅せられる。
マシンガンのようなスピードで熱く語り、真摯に言葉を捜して考え込み、はにかむように笑う。
無骨な容姿なのに、『チャーミング』という印象が強く残る。
今回、市原隼人が挑んだ本作には、彼の多面的な魅力が存分に活きている。


img025.jpg


今回の記事では今までのライターさんとはまた違った表現のされ方をしてるような
『無骨な容姿なのにチャーミング』???
無骨かな~?
始めてみる人はそう感じるのかな

でも、市原くんの内面から出てくるものはちゃんと受け止めておられたようで嬉しかった。



インタビューは2ページ


また長々と書いてしまうので、昨日予告したとおり。
今後の作品?というかやってみたい役について、市原くん本人がふれていましたのでちょっとご紹介。


「今後やってみたい役は?」との質問に

いじめられっこもやりたいです!、多重人格もやりたいですし、武士もやってみたいですし。普通の人じゃなく、例えばピエロの役とか、動物とか、妖怪とか。『なんだ、この生き物は?』って、思うような。
ちょっと不思議で可愛らしいキャラクターも、声優でやってみたいし。
やれるものはとことんやりたいですね



あれっ?声優って言葉は初めて出てきました?
『BATON』では、声優としてもなかなかよかったですよ、一応あれ、ロボットですよね。
人間型ロボット初体験!?

今度は動物あたり、犬っころとか・・・
ちょっとヤンキー入って、剃りこみいれた柴犬
全然こわくね~し

スイマセン、妄想、大暴走中です。



そして「克服したい課題は?」との質問には


恋愛ものも、やらなきゃなーって(笑)。
本格的な恋愛ものはやってないんで、近いうちに機会があれば、ぜひやりたいなって思ってはいますね。
今はまだ、自分がやるよりほかの人がやったほうがいいんじゃないかなって思って、断ってしまっている作品もたくさんありますし。



え~~~っ、イッチーそれはダメ!!!
オファー断るなんて、しかも恋愛もの

おばちゃんは一番それを見たいのさ!(またまた妄想中)





そう思われるのは?


もっと恋愛のことをわかったときにやったほうがいいかなって。
もうちょい恋愛のことや女心をわかった上で芝居しなきゃ、恋愛ってものやその作品に対して失礼じゃないかなって思っちゃう。
僕はまだ全然、恋愛に対して何もわかってないので・・・
でも、恋愛ものにも、近いうちに挑戦しなきゃと思ってるので。
やるならがっつりやりたいですね!






今度そんな話がきたら、絶対に受けてください、お願いします。

イッチーの恋愛もの ξ≖ฺ‿≖ฺ)ニタァ♥

あ~、また妄想に走りそう キャ━━━(*´∀`*)━━━ !!!!!

BOXの後は、ぜひ恋愛もので宜しくヾ(≧∇≦)〃









いつもランキングポチッ!
ありがとうございます

監督・プロデューサーが語る市原隼人論

BEST ACTOR Vol9から
面白かったので、こちらの記事をちょっと紹介してみようと


img026.jpg


前田哲監督
堀口良則プロデューサー
安藤親広プロデューサー


―― 市原隼人さんを主役に起用されたきっかけは?

(安藤)最初から市原くんありきの企画だったんです。

(堀口) 原作を読んだら、この主人公は市原さん以外にありえないだろうと。

(安藤) そうそう。原作のどこをどうしたら市原くんが生きてくるかなって考えて・・・
原作は渋谷が舞台ですけど、ドラマと映画はあえて下町にしました。いうなれば現代の寅さんにしたかった。人情ものですね。

(前田)その発想は面白いと思いました。それを聞いたときに連ドラに向いてるなと思ったのと、美女が現れて事件に巻き込まれ、解決するが、美女は去っていくって言う探偵モノのパターンがはまる。何よりも、主人公のキャラクターが市原くんにぴったり!


―― 市原くんのどういうところがぴったりだと?

(堀口)ストレートで素直なところですね。物事を真っすぐに伝えていける、そういう俳優さんは誰かなって思うと、市原さんしか考えられない。

(前田)熱い男ですから。人を思いやろうとか、友情を大切にしようとか、そういう非常に全うなことを市原くんがいうと、何のイヤミもなく届くと思うんです。

(安藤)サルが寅さんとちょっと違うのは、カギ屋っていう専門の技術を持っているところ。そこも今の若い子達の意識のなかに欠けているひとつの要素なんじゃないかなって。
仕事中はマジメで、それ以外のところはバカでいいっていう。そういう、プロのかっこよさを見せたいなと思いました。


―― 前田監督は市原さんを昔からご存知だとか。

(前田)『パコダテ人』って言う宮崎あおいさん主演の映画を撮るときに出会ってます。その頃は、まだ中学生だったと思うんだけど、触ったら壊れそうな繊細な感じで、寡黙なんだけ何かを持っているなって。
すごく印象に残ってて、それからずっと気になってて、いつか一緒に、と思ってたんです。


―― 今回久しぶりにお会いになった市原さんはどんな印象ですか。

前田)あ、サルだ!って。なんか、もう役にがっちり入り込んでましたね。歩き方からすでにサルでした。


―― とくに注文されたわけではなくて。

(前田)衣装を決めていくなかでどんどんキャラクターを決めていくのが前田組のやり方なんで、そこはけっこう時間かけてやりました。細かいディティールにもこだわって作り込んでもらってます。カギの形をした首飾りは、市原くんのアイデアでした。


――安藤さんと堀口さんのおふたりは、市原さんに会ったときの印象は?

(安藤)やっぱりオーラは感じましたね。なんか、すごいチャーミングなんですよね。男から見てても。

(前田)ものすごいシャイなんです。

(安藤)そうそう。女性に感じる可愛さとは違うんですけど、可愛いなこいつっていう。犬っころみたいな(笑)
シャイだけど人懐っこいし。

(堀口)印象的なのは、何も隠さないんですよね。俳優でこんなことまでオープンにして大丈夫なのかなっていう話をしてくれるし、逆の見方をすると、一緒に仕事をするんだから、そこは信用してますよっていうことだなと。
あと、芝居にすごくマジメで、現場にはいったらすぐにサルになり始めるんで、そうするとちょっと近づきづらいなって。水中撮影シーンとか、入り込み方が凄かったですものね。

(前田)そうですね。彼はピークに達するのが早いんです。ピュッ!と急に上がるので、何度もテストを繰り返すよりは、タイミングを見きわめて、準備して、一番いい瞬間を捉えるのに、スタッフは油断できなかったですね。


――印象的なシーンはありますか。

(前田)市原くんは子供が大好きなんですよ。子供と遊んでいるシーンは、市原くんそのまんまなんです。
自然な流れの感情で演技を表現する方なので、瞬発力はすごい。本番まで考えて考えて作ってくるんだけど、ポンと入ったときに素になって自然にできるっていうのが市原くんの魅力じゃないですかね。
よく芝居した後に、「あれ、僕そんなこと言いました?」って言うんだけど、それがいい役者の条件だと思います。自分が思ってたことがふっと出ちゃって、それを自分で覚えてないくらい自然に出せる人。


――市原さんは本当に真摯な方なんですね。

(前田)そうですね。演じているって言うよりは、猿丸になって表現してるっていう感じですね。


――市原さんはとてもエネルギッシュな方だと思いますが。、そのエネルギーはどこから来ると思いますか。

(前田)川崎の地じゃないですかね。地元を愛して、愛されて、仲間と一緒に育ったから。身近な人を大切にできない人は、他の人を大切にできないでしょ。

(安藤)一度聞いてみたいですね。何でそこまでがむしゃらなのかって。

(前田)やっぱり不器用だから、って言う意識があるからでしょうね。とりあえず一生懸命やるんだと。

(堀口)心から楽しんでるんでしょうね、芝居を。やりたくないことをやってないんじゃないのかな。自分がやりたい作品を選んでそこに表現者として入っていくっていうこと自体を楽しんでいる。お仕事だからやってるという感じがまったくないですよね。

(安藤)きっと天職だと思ってるんでしょうね。


――今後、市原さんにやらせてみたい役はどんな役ですか。

(堀口)私は猿丸しかイメージできないですね・・・。すごくハマってるから、ぜひまた続編に出て欲しい(笑)

(安藤)教師とかどうでしょう。熱血先生。新しい先生がやれるかもしれない。

(前田)いいですね。ドラマでもちょっとやってもらいましたけど、女装とか、ニューハーフとか。ものすごく不器用だけど一生懸命にショーに出たりして、でも上手くいかない、そういうニューハーフ。
彼の顔って撮っていてすごく美しいですから。その美しさを追求してみたいですね。





いゃ~、とっても面白く読ませていただきました。
興味深いこともかかれてましたしね、
安藤プロデューサーの言われた犬っころって・・・やっぱりだれが見ても犬っころなんだろうなって気がします(笑)

しかし、市原くんにやらせてみたい役ってところで、前田監督はニューハーフって・・・
確かにサル子は可愛かったけど・・・(笑)
顔が美しいって言うのは同意です、間違いない!!! フルっ! (*≧m≦*)プププw

市原くんの熱血教師役、コレはなかなかいいかもしれないですね。
子供が大好きなイッチー、252の子供とのカラミもすごく良かったものね。

その役ってことで市原くん本人が、インタビューでちょっと言ってましたね
やってみたい役ってことで、今までとはちょっと違ったことを言ってました。
ははぁ~ん、なんか次回作につながるヒント?なんて思ってしまったのは・・・なんか考えすぎ?


また後で更新できましたら、その部分ちょっとご紹介しますね。











いつもランキングポチッ!
ありがとうございます

来週の『おしゃれイズム』は市原隼人クン

ここ数日間は、個人的イベントでかなりハードは日々をすごしてました。
毎日睡眠時間4時間、肌のハリがまったくありません。
まっ、それは年のせいではありますが・・・

昨日は久しぶりに4時起きをして生イッチーに会ってきましたが。
もうそれはそれは想像以上に美しかったです。
カラダのしぼり具合といい、筋肉のバランスといい、今までの最高傑作ではないでしょうか。
とくに背中の筋肉の美しさは、プロのボクサーにも負けてません。
というか肌の美しさも考慮すれば、完璧勝ってるでしょ!
スイマセン、ファンの欲目です(笑)


まっ、それはさておき

TV出演情報と、インタビュー
ご存知の方もおられると思いますが、「おしゃれイズム」の放送は来週に決定ですね。

◆2月21日 「おしゃれイズム」 午後10;00~ 日テレ系


◆インタビュー
インタビューはもう見られましたか?
コレかなりいいですよね~
結構長いインタビューで、、もう感動してしまいました。
プロモーションインタビューでこれほど長いものは初めてかな~って思いましたが。
一生懸命、伝えようとする気持ちが、こちらにもほんとに伝わってきて、またキューンっと、してしまいました。
まだ見てない方は是非見てくださいね

『猿ロック THE MOVIE 特集 プロモーション映像 市原隼人インタビュー』








いつもランキングポチッ!
ありがとうございます

市原隼人クン、TV情報 追加

たくさんのTV情報、お知らせがありましたね、今回は地方でのOAもありで嬉しいです。



◆02/12(金) 25:59~26:29
「CunE!」
読売テレビ


◆02/13(土) 26:25~26:50
「CunE!」
読売テレビ

◆02/14(日) 25:20~25:45
「CunE!」
読売テレビ

◆02/16(火) 19:56~20:54
「踊る!さんま御殿!!」
NTV

◆02/17(水) 24:30~24:45
「猿ロック THE MOVIE」特集
MOVIE☆ON
※2/18(日)14:00~14:15(リピート放送)
※2/21(日)23:00~23:15(リピート放送)
http://www.m-on.jp/regular/detail68.html

◆02/18(木) 25:48~27:08
「猿ロック」
【エピソード1】
(09.7.23~09.7.30OA分)
※読売テレビ(関西地区)で放送

◆02/19(金) 04:00~05:20
「Oha!4」
日本テレビ

◆02/20(土) 14:55~15:55
「とことん土曜日」
RNC(西日本放送)

◆02/24(水) 05:20~08:00
「ズームイン!SUPER」
中京テレビ

◆02/25(木) 25:48~27:08
「猿ロック」
【エピソード5】
(09.10.01~09.10.15OA分)
※読売テレビ(関西地区)で放送

       24:35~25:05 
「あげテンッ」
東海テレビ


◆02/26(金) 25:25~26:00
「IMPACT」
CBC(中部日本放送)

        25:05~25:20
「てっぺん」
広島テレビ放送

◆02/27(土) 18:00~18:15
「Cafe du Cinema」
石川テレビ

        10:55~11:45
「WAYAYAあはっ!」
名古屋テレビ放送

        09:25~10:30
「あさパラ」
読売テレビ







いつもランキングポチッ!
ありがとうございます


市原隼人くん、TV情報

取り急ぎのお知らせです。

あっ、あまりにも急ですが、今日深夜の番組です。
しかもTBS・・・
中部、関西は見れないんですよね、(´・ω・`)ショボーン です。




◆2月11日  深夜2時29分~2時59分
TBS 『アカデミーナイト』


『演技人(えんぎびと)』スペシャル


毎週金曜、夜10時54分から放送している番組『演技人』(TBS)を大特集!

『演技人』は、毎週、旬の俳優たちが、“出演映画に対するこだわり”や“熱い気持ち”を自ら語る番組。彼らの撮影秘話やプライベートの素顔など、毎回あるテーマをベスト3のランキング形式で紹介し、俳優としての魅力や意外な素顔に迫ります。
そして次回の『アカデミーナイト』では、この番組で、放送しきれなかった未公開トークを中心に、一挙に公開。


登場するのは・・・

▼哀川翔さん【映画『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』】
 (トークテーマ:「好きな小道具」「『ゼブラーマン2』の好きなセリフ」)

▼市原隼人さん【映画『ボックス!』】
 (トークテーマ:「楽しみにしている来週の予定」「一年以内に達成できそうな目標」)
など、豪華俳優陣…。

この“演技人”の皆さんに、番組では放送されなかった珠玉の名言や芝居に対する熱い想いなどを、存分に語っていただきます。


詳細はこちらで→ http://www.tbs.co.jp/academy-n/


関東の皆様、是非録画予約でお楽しみくださいませ
うぅぅぅ・・・うらやましい・・・(´ω`。)グスン











いつもランキングポチッ!
ありがとうございます




 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。