スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

And,now

挑戦者たち…より

書き下ろし部分ですが、やはり全部載せることはできないので、一部だけですが
続きはアメブロに更新いたしました。

アメンバーさま限定で申し訳ありませんが



10年が明けてすぐクランクインした「ボックス!」はボクシングに青春を賭ける高校生の物語。市原隼人は天才ボクサー・カブを演じるために、ボクシングのトレーニングをして撮影に臨んだ。

市原は坊主頭にして気合も充分。
短い時間でずいぶんとストイックな雰囲気に変わっていたが、天才ボクサーの動きや身体はちょっとやそっとでは手に入らない。
市原は悩んだが『ボクシングがうまくなるんじゃなくて、ボクサーを演じろ』とボクシング指導の田端信之にアドバイスされたことでふっきれた。

市原にとって、演技をする上でとても重要なことと向き合った好体験だったと思う。
もちろん役になりきることは大事だけれど、俳優はどこかで客観的な視点を持っていないといけない。
市原はこれまで、どちらかというと役に入る込むタイプであったと思う。

等身大の役の感情にシンクロしていくことで、ホンモノがそこにいる印象を見る者に与えてきた。
けれど「ボックス!」では内面は役と同調できても。本物の天才ボクサーにはなれないのだ、という現実に直面した。そこで改めて。
“演じる“ということを考える機会を得たのではないだろうか。


後半は舞台「カーディガン」について書かれていました

木俣さんは、最初市原くんには舞台は向いていないのではと思っていたそうです
でもその後舞台を見て、その想像は間違っていたと…



観客の視線を感じながら、自分とは違うものを演じているという客観性を持ちながら、それでもなお、描かれた役の一瞬の真実に近づこうとする。
市原の姿から、演技をすることの本質は、映像だとか舞台とかで分かたれるんものではないのだと気づかされた。






ほんの一部で申し訳ありません。
どうしても気になるかたは書店で、立ち読みでもなさって見ては
全10ページで、ちょっと立ち読みはきついですが( ̄▽ ̄;)

素晴らしい記事でした







ランキングに参加してます
クリックしていただけたら嬉しいです










スポンサーサイト

「挑戦者たち・・・」

面白かった~
木俣冬さんの「挑戦者たち…」今日届きました
届いたのが7時近かったので、急いで市原隼人くんのところだけ先に読んで
その他は「JIN」を観ながら、とびとびですが読んでみました。



18人の役者たちの素顔

普段、市原隼人くん以外の人には全く興味を示さない私
こうした記事を見る機会がなかったのだけれど
読んでみたら意外と面白かった

特に森山未来くんには、なんか惹かれるものがある
若手の役者さんの中ではとくに演技がうまいと感じる
山田孝之クンと森山未来くん
この二人は群を抜いてると思う

未来くんの舞台、機会があれば一度は見てみたい。


その二人とはちょっと違うけれど
やっぱり市原くんの演技は好き
なんか知らないけど、ほんと好き

いつもマネージャーさんが言ってるけど
隼人くんからなんか出てるよね、
ほかの人とは違う何か不思議なオーラ

どんなキャラを演じてもその人をとても魅力的に演じてくれる
殺人犯を演じたら、どんな風に演じてくれるだろう



で、この著書
市原くんの記事は10ページ
内容は、以前出されたアクチュールの記事からまとめられています
私が涙しながら読んだ記事⇒11/22付けのブログを参考にしてください

その時の記事の後にAnd,nowとして2ページ書き下ろしがありました。


その記事はまた、明日にでもまとめますね。


明日は朝一で、夫が帰ってきます。
もう寝なきゃ
まだ眠くないけど、朝起きられないとまずいので…
ではおやすみなさい





ランキングに参加してます
クリックしていただけたら嬉しいです






12/25のツイートまとめ

hika_ek

市原隼人「☆お知らせ☆Jewelry」 http://amba.to/dKHJVE もちろん注文したわよ~でも本当はこのポスターが欲しいのだ。
12-25 00:13

まもなく発売『挑戦者たち -トップアクターズ・ルポルタージュ- 』

挑戦者たち -トップアクターズ・ルポルタージュ-挑戦者たち -トップアクターズ・ルポルタージュ-
(2010/12/25)
木俣 冬

商品詳細を見る



阿部 寛
市川染五郎
市原隼人
井上芳雄
内野聖陽
小栗 旬
織田裕二
尾上菊之助
唐沢寿明
北村有起哉
窪塚洋介
近藤良平
妻夫木 聡
中村七之助
成宮寛貴
藤原竜也
三上博史
森山未来




このメンバーの中に入ってるってだけでも凄いことだと思う。
当たり前だけど、誰ひとりとして同じタイプの役者さんはいない

木俣冬さんの記事がとても楽しみです。


ページ数 384 だから、イッチーから私たちへのクリスマスの贈り物になるかしら





ランキングに参加してます
クリックしていただけたら嬉しいです



今日は肩こりがひどい (´・ω・`;)

昨日久しぶりに、あることをして・・・
今日はとんでもないことに、肩こり半端ない (・_;)ポロリ゙

ほんと肩パンパンです。


私の周りの友達は、腰とか、肩とかこったり痛めたりすると
すぐに、マッサージとか針をうちに行っちゃうけど、私は行ったことがないんです。
いつもストレッチで治してた、針は怖いし~( ̄▽ ̄;)

でも最近は、そんなことぐらいでは治らなくなってきたようで…
あ~痛いイタイ (・_;)ポロリ





ところで、昨日のブログに紹介させていただいた
石鍋正寿くんのことについて、ご存知でないかたがおられるようで、
大変失礼しました
ちゃんと紹介しておくべきでしたね


石鍋正寿クン、事務所はスターダスト
市原隼人くんとは同じ芸能6部所属です

⇒ http://www.stardust.co.jp/profile/ishinabemasatoshi.html

Fine専属モデルさん、プライベートでも市原くんとはとても仲良し
「猿ロックThe Movie」、「ボックス」にも出演してます。
「ボックス」ではカブちゃんに殴られてますけどヾ(*´∀`)ノ
「猿ロック」本編ではよくわからなかったんですが、メイキングではちゃんと映ってました。
マイク持ったレポーターさんの役だと思います。


これから石鍋正寿くんも応援してあげてくださいね

石鍋正寿オフィシャルブログ
ROUGH





ランキングに参加してます
クリックしていただけたら嬉しいです


12/13のツイートまとめ

hika_ek

人のブログ読んでると、やっぱりその人が見えてくる気がする。気をつけなくっちゃ、正寿クン良い人っぽいなぁ☆・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・☆
12-13 21:22

正寿くんのブログ読んでまた泣いてしまったわ、あほやな~私って 石鍋正寿「カーディガン☆」http://ameblo.jp/masatoshi202/entry-10735819185.html
12-13 21:20

読者が選ぶ!!’10年 私のベストステージ!

こんな記事を見つけました


LOOK at STAR!では、
’11年1月中旬発売予定の年刊ムック
「LOOK at STAR! OVATION ’11」と、
’11年1月27日発売「LOOK at STAR!」’11年3月号 にて
「読者が選ぶ!! ’10年 私のベストステージ!」の掲載を
予定しています。



’10年で最も良かったと思う舞台作品とその理由を書いて投票するらしいです。


アンケート・投票はこちらです。


もちろん市原隼人くん初舞台「カーディガン」を応援していただけたら嬉しいです

作品と役者はそれぞれ締め切りが違うようですので、ご注意くださいね。


*’10年で最も良かったと思う舞台作品とその理由をお答えください
 (締切:2010年12月20日 20:00)

*’10年で最も良かったと思う役者とその理由をお答えください
 (締切:2011年1月5日 20:00)




石鍋正寿クンが、市原くんについて、カーディガンについてブログに書いてくださってます。
ちょっと嬉しくてウルッときちゃいました。
正寿くんもとっても優しいね

石鍋正寿オフィシャルブログ




ランキングに参加してます
クリックしていただけたら嬉しいです



 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。