HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>市原隼人

『Soup』10月号から

カメラマンがシャッターを切るたびに、次々とポーズを変える市原隼人クン

今回の取材をされた女性ライターさん
市原くんがあまりにも動き回るので、いつもこうなの?って聞かれたそうですが・・・

「いや、サルだからです」と

そういえばそうだった『ROOKIES』のときはカメラをにらんだままだったもんね(笑)

確かにあの時は「安仁屋」そのままだった



自分からいろいろ発信しながら、ひとつひとつの作品に関わっていきたい!
全部を自分のせいにすることで、成長していきたい




役の振り幅が本当に広いんで、表現の仕方が今までの役以上にたくさんありますね。
しかも監督もいっさい芝居に注文をつけず、全部自分の自由にやらせてくださっているので、いろんなものをいろいろ考えながら演じています。

髪はシルバーがサルっぽいかなって思ったんでシルバーに染めて、衣装は鍵屋の作業着のイメージでツナギにしました。
ドラマの中で原色のツナギをいろいろ着てるんですけど、その中には自前のツナギもある。
志って文字を、自分で自分でスプレーで書いたんです。

そうやってちょっとでも自分の色があると嬉しい。
それはドラマでも同じなので、『猿ロック』の中にも、ちょいちょい自分の自分の色を入れていきたいと思っています。


2009_0822syo0011a.jpg


何をやるにしても、人のせいにしていたら自分は変わらないと思うんですよ。そうじゃなく自分のせいにしていけば、もし失敗したとしても新しい自分ができるし、どんどん成長していけるはず。

僕は、そのほうが結局は自分にとっていい気がするんです。
そのためにも、自分からいろいろ発信しながら、ひとつひとつの作品に関わっていきたいと思ってる。



いつもながらすごいな~って
ほんと感心するわ

役者としての考え方もそうだけど、人としての考え方もこの人歳いくつ?って思ってしまう(笑)
それほどしっかりと、自分を持ってる

22年生きてきて、その中でであった人たちからいろんなものを吸収していく
市原隼人くん、どこまですごい役者になっていくんだろう
まだまだ無限大

あ~~~楽しみだ ワクワク♪o(・ω・o)(o・ω・)oワクワク♪








いつもランキングポチッ!
ありがとうございます(。_。)ペコッ
関連記事

この記事のトラックバックURL

http://hika59.blog102.fc2.com/tb.php/504-2e61914a

コメント

お久しぶりです。

子供たちが夏休みで、バタバタした日々を送っています。

いっちの考えって、大袈裟かもしれないけど、達観していて、神のような精神ですよね。
ちょっと前から「人のせいにしていたら、自分は変われない」って言葉言ってるけど、私の心に強く残っています。

子供たちがケンカとかすると、すぐに相手のせいにするけど、自分の悪かったところに気づかなくちゃ、また同じ事でケンカするよ、とか、自分もそう思わなくちゃとか、日々の生活の中で「市原論」がバイブルです。

ホントに22歳とは思えないですね。

でも、表に出さなくても、ホントは色んな事で悩んだり、葛藤したりしてるんだろうな。

それでも、何事にも全力投球するいっちを、ずっと応援していきたいです!
RICKさん♪
お久しぶりです~
夏休みは子供さんがいるので大変でしょ!
戦争のような毎日もあとわずかですか?

市原くんも昨日クランクアップで少しでも体が休まるといいですが

映画版のサルはどんな感じになるでしょうね、楽しみですね。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。